スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

71年

平和への祈りを

今を生きるのにそれは寄り添うようにあり、
きっと、幸せであれとの先人達の願いを

いつも、側に思う

スポンサーサイト

2016.08.09 | 雑日記

表参道高校合唱部 心の瞳

ドラマ「表参道合唱部」6話の
高畑さん含む合唱部による
「心の瞳」坂本九 に号泣・・・

最近仕事の疲れがとれない。
温泉入りたいー。

2015.08.23 | 雑日記

マイバラード

歌に弱い


ドラマ『表参道~』3話での
城田さんと神田さんのマイバラードいいな~。

城田さんの声はいい。
低音も高音も、それ自体が主旋律となり伴奏ともなれる。

2015.08.11 | 雑日記

20150809

戦後70年。

私達は、小学の頃から語り部の話を聞き、
原爆で焼け焦げた子どもの写真を見て育った。

死を学ぶから、
生を学ぶように、

戦争を学ぶから、
平和がなにか解る。

次世代に押し付けるのじゃない、
知っておいた方がいい。
その方が、これからを生きる為になる。


何年か前、ふらりと故郷へ帰った時、
平和公園へ寄るのは、ある意味習慣になっていて、
夕方だったから人気もない時間、
中学生か?15,6人の修学旅行生が記念像の前で合唱を始めた。
周りは近所の人の散歩している2・3人位しかおらず、
広い空間にポツリいた私は足がすくんでしまった。

どうも私の涙腺は歌に弱い。

人前ではけして泣かないと決心してから、
どうしてこんなに強くなってしまったのか。

まあ、それはいいとして。


平和への祈りを
2015.8.9

2015.08.09 | 雑日記

テスト

macとの互換性テスト

2015.04.17 | 雑日記

名もなき世代とおもってた

自分たちは名もなき世代と思っていた、団塊Jrとゆとりの間。
便宜上、Jrをあげるも、違和感があって、
でも、この前TVで名があることを知った。

ロストジェネレーション

…結局、名があるようでない世代に変わりはないって思い終わる。

アナログな泥臭い時代を知っていて、デジタル時代を難なく歩く。
人情劇を無下にせず、だけど無機質に時代を変えなければ
ならなかったジレンマがある。良心を求められる。

実写版パトレイバーはまだ見てません。
アニメ劇場版パトレイバーは最近観ました。
押井作品は、人間を描いている。と思う。
パトレイバー劇場版(アニメ)1作目で好きなシーンは、
犯人の生きた形跡をたどる刑事たちと、その報告シーン。
バベルの塔に係る一節を読む後藤さんのシーン。等。
私が今でも頭に残る作品のひとつに、ビューティフルドリーマーが
あり、これも押井監督。人のがやがや感が好きだ。


xRIMG5910.jpg
2014.2 桃カステラが春節に復活。祖母の大好物だった。
RIMG5886.jpg
2014.2 長崎ランタンフェス、楽しかった。
RIMG5729.jpg
2014.1 沖縄、座喜味城のライトアップ。猫がいました。
RIMG5429.jpg
2013.10 長崎くんち 万屋のくじら。私はこれが一番好きだ。


余談として。
京都の地下鉄二条駅前がなんか心地悪い感じになっていた。
なんか、深夜アニメなポスターだらけな駅になっていた。
夜遅くに利用した際、そのポスターを写真にとる人物がいてぞっとした。
ストーカーを思い出し地下鉄は利用できないな、と思ったほど。
なんだろう、グローバルデザインの概念はどこへいったのか、
市の役人の幼女わいせつ事件が全国で相次いだけど、
そんな部署なのかと疑うほどに。
老若男女、とくに女性子供にやさしい感じにしてほしい。
なんでも萌な絵で集客しようとしないでほしい。せめて日曜朝8時的な感じで。
痛列車も、私鉄ならいいけど・・・とか思ってしまう。
クールジャパンの予算枠が大幅UPでも、グローバルデザインは
忘れないでほしい、これは少子化問題と児童ポルノ問題と
関連あるんじゃないの?とも思ってみたり。



2014.05.07 | 雑日記

919

今年は満月、次に中秋と満月があうのは8年後、との事。

毎年、どんなに忙しくても、足を止め、この日を思う。
もちろん8/9もそうだけど。

未来の話を。
オリンピックが決定したな~。
その後、リニアなど。

戦前生まれ、後生まれ(団塊世代)、とんでバブル組、団塊Jr、とんでゆとり、
一つ飛ばし同志(戦前、バブル、ゆとり)は気が合い、団塊とJrは、人口が多い分、
後始末をすることが多いと思う。
ただ、団塊は前の東京オリンピック、及び高度成長を知っているため、
国の借金も子に押し付け夢見てあとさらばをする可能性は高い。
戦前生まれにこき使われ、それでも国の底辺の底上げをになってきた。
五輪は金をばらまくものなのだろうか。
前と違い、ネットで中傷しあう事がおきるでしょう。
健全をはかりたくても、モンスターと呼ばれる親たちが
物言いを出すでしょう。
底辺はさらに蹴落とされ、言葉の暴力が、暴力を生むかもしれない。

Jr世代に絵描きはおおいけど、物書きは少ない気がする。
団塊世代と仲が悪いが、幸せは願っている。いつも笑っていてほしい。
言葉ではなく、感覚なんだろうと。
バブルの後始末が終わったかと思えば、次世代へ。
ただ、
身近にある人も、遠くの友人も、
幸せであってほしいと祈るだけ。

故郷をおもうだけ
見届けたいだけ

割とバブルの名残で贅沢を若いときにしたから
今は別に年相応の落ち着いた、目の肥えた、物欲のない世代。
かまってちゃんの気持ちがわからない。
大切な人を見届けたら、雲のように消え去ってもかまわない。



たちの悪い、世代だと思う。

だけど存外普段はポジティブ思考=のーてんき





2013.09.19 | 雑日記

なんかアニメ映画ばかり観た夏

映画「銀魂」を観ました、ほぼ騙され横浜にて。
でも観たかったのでラッキーでした♪
横浜へ行く前、地下鉄二条駅が銀魂ポスター一色で驚き、
え、映画あるんだ・・と思ってました。
(キャンペーンは現在終了し、ポスターはありません)。
※注意:この先ネタバレ?あり


一言、真面目に終わって驚いた。
てっきりギャグでごまかし終わると思い、ちょっと構えて観てしまってたのを
後悔しました。途中途中、涙が止まりませんでした。

この先の感想の補足:実は銀魂をそこまで知らず、
原作は映画後、44.45巻(一国傾城篇)~50巻しか現在は
読んだことがないうえ、アニメも映画一作目と、前にも書いてますが
ユーチューブで観れる範囲しか見ていません。
先日BSで再放送の存在に気づき、見て驚いた。
OPが映画バージョンになってて!なにこれ!と思いました。

それ位のレベルの私が書く、映画、というより銀魂自体の感想ですが・・・。
私は京都に居をかまえてるとはいえ、長崎人です。
なので攘夷メンバー(坂本)よりでありつつ、でも真選組を好きではないにしろ
嫌いではありません。銀魂をみるたび、
銀時と桂の関係が懐かしく、どこか故郷と、古くからの友人を思い出します。
真選組は、現在京都で出会った人々、といった感じでしょうか。
だから、桂が映画でああなったのが、少し、嬉しいといったらおかしいけれど、
ひどく懐かしい、現在進行形で。
背負うものを共有し、お礼を言えない先生を共有し。
このさき忠実通りに時代が動いて、真選組が追われる立場になって、
銀時がそれについて行こうと、手を振って見送るんじゃないかという思えて
しまう関係も。でもどこか最期はそばで見送れるような関係が。
(ギャグ漫画なので時代は動かないと思いますので、あくまで仮定です)

映画ではお妙さんのシーンで特に涙してしまいます。

映画の感想にはなってませんが、万事屋って、一時的にしろ、銀時の家族なんだ
なって思いました。
なぜか、銀魂をみると、故郷と友を思い出す、それが映画の感想でしょうか。


もし、
桂、高杉、どちらかがとちらかに
「故郷に帰ろうか?」
と言ったら?

もし、そのセリフをどちらかが銀時に言ったら
銀時に故郷がないにしろ、先生といたところが
故郷なんだと、気づくのか、思い出すのか?なんて。





2013.09.01 | 雑日記

踊るFINALを観た

ほっとした、安心した、踊るらしいfinalだったし、
とても、踊るらしかった。
それが観終わった後、最初に感じたこと。

すみれさんのシーンでは最初からなぜか涙が
でてしまった。弱音ははかない、気をつかってもらいたくない、
どこかで心の奥底の叫びとの矛盾が、体を軋ませている感覚を受けた。

すべてが繋がっていった事件。
題材も、関係していった組織内部の隠匿も、本当に
身動きができない力の中で戦わなければならない所も、
これが踊るだって感じの流れが、とても心地よかった。

年齢を重ねれば重ねるほど、身動きがとれなくなる。
だから、今度の犯人達の気持ちも、組織の人たちの気持ちもわかる。
だから、青島さんが最後に鳥飼さんに言ったセリフが、身に染みる。

'新たなる希望'
室井さんのこれからも、青島さんのこれからも、すべてが
希望のなかにある。こんな信念を持ってもらえれば、それに
続く人々も、希望をもてる、と思った。

そして新城さん好きとしての感想をいえば、
その希望に、寄り添ってくれるんだ、って思った。
室井さんの両側にいる新城さんと沖田さんも希望だと。
青島さんが蒔いた種が、花となって、動いて行ったんだなと。

やっぱり踊るを好きになってよかったです。
ありがとうございます。



TVで久しぶりに「歳末」を観た。
新城さんの登場シーンで思わずふきそうになった。
もう!新城さんだーって思って。
新城さんのテーマソングかっこよくて好きなんだよなって。
室井さんと話すとき、テーマソング合戦になっててかっこいいの
なんのって。面白かった・・・。


↓↓↓↓↓
追記は、OD3の感想ですが、実をいうとOD3が
私は苦手です。その理由を書いています。
不快に思われると思いますことを先にお知らせいたします。


【“踊るFINALを観た”の続きを読む】

2012.10.10 | 雑日記

踊るTVを見た

最初にまずOD3の映画をまだ見てません、ということを記載。
地上波で・・・と。

それよりも、LAST TV。
ひさしぶりに、わくわくした。
なんだろう、喜びを感じたというか。

日常に埋もれてしまった心の葛藤や叫びが、
踊るではいつも気持ちよく発散してくれる。
誰がかけてもいけない。仲間意識の強さ。


私は、前にも記載したけど踊るのFANになったのはとても遅く
交渉人が公開される前後にシリーズを全部みたくらいの
勢いだった。丁度、仕事が忙しくなりはじめたのと
働く人間の、こころの置き場所はどこなのかわからない時期でもあった。
そんな時踊るに出会った。

たぶんこれまでも、これから先も、感じていかなければ
ならない事を、時々、忘れたり、疲れてたりした時に
踊るを見直して、思い出して、次に繋げていかなくてはならないと思った。
小さな仕事も大きな仕事も等しく大事で、
現代社会のニーズに応える仕事を、というならば、働き手を
大切にするニーズがあってもいいはずだ。
踊るの人たちは、人であることをとても大切にされている。
ドラマをみて、心地よさを感じるならば、それを実行して
いくのも、また悪くないんじゃないかなと。

なんだかんだで、踊るが好きだ。
舞台挨拶行きたかった、あと九州CMにも出たかった…。
久々に映画館にいりびたるかな。


2012.09.02 | 雑日記

«  | HOME |  »

FC2Ad

カテゴリー(はじめに)

“映画・舞台”選択で感想表示。 軍艦島の写真は結構きれいに撮れたので使用してみました。

メモ

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

mitiko(道子)@京都

Author:mitiko(道子)@京都
京都在中、長崎人。
舞台・映画好きな普通の社会人。

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。